重度認知症患者・精神科デイケア | 守口市のもの忘れ外来・心療内科・精神科・内科|認知症・不眠症・うつ病・不安障害・総合失調症などご相談ください。

あおぞらクリニック

06-6998-1313

【休診日】木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせは
お気軽に、お電話ください!

重度認知症患者・精神科デイケア


当クリニックの重度認知症患者・精神科デイケアの特徴

特徴1.
当院では、認知症の方の受け入れを行っております。
特徴2.
医師や看護師がすぐ側にいるという環境ですので、何かあった時に素早い対応が可能です。
特徴3.
作業療法士による専門的なリハビリを行います。心身ともに元気である事を目標としています。

重度認知症患者・精神科デイケアの取り組み

画像

作業療法士・精神保健福祉士・看護師などのスタッフが協力してプログラムを実施します。

様々な療法を取り入れ、生活全体をリハビリテーションと考えて機能の回復を目指します。

重度認知症患者・精神科デイケアでの1日(例)

画像
  • ①お迎え
  • 画像
  • ②バイタルチェック
  • 画像
  • ③診察
  • 画像
  • ④個別プログラム
  • 画像
  • ⑤食事
  • 画像
  • ⑥服薬
  • 画像
  • ⑦集団プログラム
  • 画像
  • ⑧お送り
  • ※重度認知症患者・精神科デイケアは医療保険の適応になります。
  • ※精神医療を続ける必要のある方への自立支援医療制度の対象となります。

お気軽にお問い合わせください

デイケアとデイサービスってどう違うの?

画像

デイケアは医療機関で行っている日中の生活支援(治療)です。当院のような精神科で行っているデイケアは医療保険が適用されます。

当院デイケアでは、医師、作業療法士、精神保健福祉士、看護師などの専門職でチームを組んで、対応させていただいています。体調の急変が起きても医師による診察、お薬の処方、さらに専門的な処置が必要な場合は専門医への紹介等の対応が可能です。

デイサービスは介護認定を受けた上で利用できる介護保険での通所サービスで、日中の生活介護を中心としています。介護福祉士、ヘルパーなどの職員が食事や入浴などのサービスを行っています。

デイケアとデイサービスの料金の違い

画像
◆デイケア(国民健康保険と老人医療1割負担を使用・社会保険と自立支援医療を使用)の場合
昼食つき(9時~15時)で重度認知症患者デイケアは、1回約1,090円程度です。精神科デイケアは1回約670円程度です。
但し、自立支援医療については月額上限額までのお支払いとなります。
◆デイケア(国民健康保険と自立支援医療を使用)の場合
無料(自己負担なし)です。
◆デイケア(国民健康保険と自立支援医療と一部負担免除を使用)の場合
1回上限500円のお支払で月額上限は3000円となります。(2020年まで)
◆デイサービス(介護保険を使用)の場合
送迎や食事代を含め、1回約、1,500円~2,000円程度です。
(介護度により利用料金や回数が異なります)
また、介護保険でも、利用料金の負担が困難な方へ負担軽減制度があります。

医療保険のデイケアと介護保険のデイケアは両方使えないの?

画像

両方使うことが可能です。今まで、デイサービスを介護保険満点で使用していた方が、当院の重度認知症患者 精神科デイケアへ変更してお越しいただきます。そうすると、今まで使用していた介護点数が余ります。その余った分を別の介護サービスに当てていただくことができます。
本人様、家族様にとってより充実した介護サービスを受けていただくことが可能になります。

※医療保険と介護保険を併せて上手に使うことで本人様、家族様がより充実した生活を送ることが可能になります。